googlehomeとraspberry piでスマートホーム

今話題のスマートホーム(IoT,家電のネット接続)が安く簡単にできる? googlehomeやalexaなどでテレビなどの家電が言葉で操作できる時代になりました。でも家電を全部操作できなくていまいち使い勝手がよくない。そこでraspberry pi(ラズパイ)を使って色々と試行錯誤してみました。

googlehome

anovaって低温調理器とスマートコンセント

投稿日:2018年6月20日 更新日:

anovaって低温調理器を買いました。

 

 

 

 


 

 

日本のメーカーでもいくつか販売されているようなんですが、奥さんがどうしてもanovaが欲しいということで、奮発しました。

 

 

 

 

 

 

bluetooth接続のみとwifi接続もできるモデルがあるらしいです。

違いはwifi接続できるかとワット数。

 

最近GoogleHomeも買ったし、もしかしたら「ねぇ、グーグル」で操作できるかも、と思い

 

wifiモデルを買いました。

 

 

 

 

これ、色々料理ができるらしいんですが、私にはわからないです。

 

比較的安い塊の肉や、夕方の魚やさんにある見切り品のマグロの刺身なんかを使って、ハムやツナなどを作ってくれます。これ、めっちゃうまいんです。

 

容器を調達

ちなみにこの容器をホームセンターで800円ちょいで買って蓋に穴を開けて使ってます。

 

 

 

 

蓋はビニル素材なのでカッターで簡単に穴を作れます。

耐熱は蓋は70℃まで、容器は120℃までだったと思います。

さすがに蓋はふにゃふにゃになりますが、蓋をするだけなので80℃でも問題なく耐えてますよ。

 


 

使ってみた 

で、使ってみた結果。。

 

 

日本ではGoogleHomeには繋がらないことが判明。

 

なのですが、pythonのプログラムがあって、これを使えばなんとかできそうな感じ。ってことはわかりました。

 

ってことは、自宅にサーバが必要か。。。

まだ試していませんが、近いうちにやってみたいと思います。

 

 スマートコンセントと接続で変換プラグいらず

あと、コンセントを挿すと電源がついて待機状態になってしまう。

まあいいのかもしれませんが、青いLEDや温度表示がちょっと。。

なので、前回の記事で書いたスマートコンセントをつないでみました。

 

 

 

 

するとどうでしょう。US -> JP のコンセント変換プラグも必要ないではないですか!!! 

 

 

 

 

 

毎朝高級ホテル並みのスクランブルエッグを

 

今は、

夜に冷えた水をバケツに入れて、

そこに生卵をスクランブルしたものをジップロックに入れて、

スマートコンセントとanovaをスマホでタイマーセットして、、、

 

これで、朝起きれば、高級ホテルのスクランブルエッグが自動的にできています!!!!

 

これはかなり便利!!

 

GoogleHomeに繋がらないですが、まあそれ以上のものが手に入りましたよ!

 

 


anovaのwifi設定がおかしい時は 

あ、あと、anovaの初期設定時のwifi接続が繋がらないことがよくあります。

私の周りにうちのを合わせて3世帯ほど使っている人がいるのですが、みんなハマりました。

 

何回やってもwifi設定ができない。という状況になるんです。

 

そんな時は、

 

anova電源入れ直し

・アプリを完全終了(iOS : Homeをダブルクリックしてアプリを上にスワイプ)

 

をしてみます。

それでもダメなら、スマホが5GHzwifiに繋がっていないか確認してみてください。

一般的なスマート家電は2.4GHzにしか対応していません。

 

wifiの接続先が、

 

○○○-5

 

とか、

 

○○○-a

○○○-ac

○○○5

○○○a

○○○ac

 

とかなってるwifiに接続していると、一生設定できないです。

 

○○○b

○○○g

○○○n

 

とかのwifiに接続する必要があります。

 

うち以外の2世帯はこれが原因で繋がりませんでした。

うちはアプリの再起動で繋がりました(ペアリングのタイミングがうまくなかったのかも)

 

 

というわけで、、、

 

Happy anova time!!!

-googlehome
-, , , ,

執筆者:


  1. 越智ひろみ より:

    初めまして。
    本日、低温調理器Anova購入してワクワクと設定し始めた者です。
    が、
    1時間が過ぎ2時間が過ぎてもWiFi設定できず、あれこれ調べてはトライして、やっとこちらのブログで原因がわかりました。
    おかげさまで繋がりました。
     
    もう、なんとお礼を申して良いかわかりません。
    本当にありがとうございます。
     
    低温調理という画期的な美味しい調理方法を知り、お友達に広がりつつあります。
    これから新たに購入する人もあるかと思います。
    ぜひ、当ブログをご紹介させていただきます。
     
    本当にありがとうございました。

    ジビエ料理を研究して遊んでます。
    これから低温調理楽しみです。
     
    感謝いたします。

    おちひろみ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

スマートホームのためのラズパイ(raspberry pi)設定(続き)

  前回まででOSインストールとSSHポート変更ができました。  googlehomeとraspberry piでスマートホームスマートホームのためのラズパイ(raspberry …

eRemoteはgooglehomeに照明しか対応していない

  さて、やっとeRemoteをgoogle homeから呼び出して、テレビを操作して見よう!!     と思ったら、google homeに「テレビ」が出てこない!! …

eRemote(rm mini3)で複数の操作を順に実行させる(stringify)

  前回、IFTTTを使った連携では、 ・同時に複数の同じアクション(webhook)を設定できない ・同じ呼び方で複数のappletを作成すると、どの順で実行されるかわからない ・アクショ …

LINE投稿でGoogleHomeを喋らせる(実施編)

  ・・・と言っても前回も書きましたがすでに実現されている方がいるので、それを参考にさせていただく手はないです。    Qiita  20 share …

googlehomeのリモコン(eRemote)って何

  さて、早速eRemoteとgooglehomeでスマートホームを楽しんでみたいと思うのですが、その前にまずはeRemoteについて。     一般的な家電製品には「リ …