googlehomeとraspberry piでスマートホーム

今話題のスマートホーム(IoT,家電のネット接続)が安く簡単にできる? googlehomeやalexaなどでテレビなどの家電が言葉で操作できる時代になりました。でも家電を全部操作できなくていまいち使い勝手がよくない。そこでraspberry pi(ラズパイ)を使って色々と試行錯誤してみました。

googlehome

eRemote(rm mini3)で複数の操作を順に実行させる(stringify)

投稿日:

 

前回、IFTTTを使った連携では、

・同時に複数の同じアクション(webhook)を設定できない
・同じ呼び方で複数のappletを作成すると、どの順で実行されるかわからない
・アクションとアクションの間にウェイト時間を設定できない

という問題がありました。

これができないと何が困るかというと、

・テレビをつけて入力切替を3回押す(外部入力3に変更する)
・テレビがついている状態で、字幕をOFF/ONにする

といった操作ができません。

というのも、IFTTTを使うだけではリモコンコードの送信順を指定できないからです。

・・・

で、またまた色々調べました。

 


 

すると、やっぱりあるんですね。

 

Stringify

 

というアプリがありました。
これは、いろいろなアプリを指定した順で実行できるIoTアプリです。

Node-REDみたいなものかしら。ちゃんと調べていませんが。

 

JavaScriptのメソッドに同じ名前があるので、調べてもほとんど出てきませんが、、、

 

webhookも実行できるので、これを使えば順を指定してリモコン送信が行えます。

ですが、残念ながらAndroidアプリのみでiPhoneには対応していません。

が、Genymotion利用すればいけるかと思います。

というわけで、次回はこのStringifyアプリについて書いていきますね。

 

-googlehome
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

eRemoteはgooglehomeに照明しか対応していない

  さて、やっとeRemoteをgoogle homeから呼び出して、テレビを操作して見よう!!     と思ったら、google homeに「テレビ」が出てこない!! …

LINE投稿でGoogleHomeを喋らせる(調査編)

  今回は前回の逆で、 LINE -> GoogleHome です。     まずは調査   本当にできるのか、できるとしても何が必要なのか それを明確に …

GoogleHomeのためにラズパイを買った

  LINEメッセージをGoogleHomeにしゃべらせるために、ラズパイを買います。   なんか、GoogleHomeの投資より高くつきそうだけど、やりたいんだから仕方がない。 …

Stringifyの使い方 リモコンコマンドを複数送信する

Stringifyの使い方についてのサイトが少ないので書いてみました。 ちなみに、GenymotionではGooglePlayからのインストールはできませんが、apkを直接インストールすれば利用可能で …

LINE投稿でGoogleHomeを喋らせる(実施編)

  ・・・と言っても前回も書きましたがすでに実現されている方がいるので、それを参考にさせていただく手はないです。    Qiita  20 share …